百貨店の有名デザート店の行列に並ぶ方の大半の方は女性です。
人気店の期間限定ものの商品だったり、
違う地方から期間限定で来ていてめったに買えない商品だったりすると
何時間でも並んで買う方もたくさん存在しています。

流行に乗っておきたいのが女性の特徴でもあるので
話題になっているものには飛びつく傾向があるようです。

これはデザートにとどまらず、
以前から若い女性に人気のまつ毛エクステやネイルアートなども
いまでは幅広い年代の方が楽しんでいるようです。

最近では美魔女という言葉がありますが
事実、中年の方でも綺麗な方が大変多くなってきました。
特に銀座で買い物しているようなマダムは身なりに気を使い
自分の娘と同じような恰好をして、
まるで娘と共に青春を謳歌しているように見えます。

また、マダムの美意識はマツエクやネイルにとどまること無く
エステや脱毛に通う方も増えているようです。

ちなみに脱毛サロンとしてはミュゼがおすすめです。
ミュゼ銀座の技術力は?というのが気になるところですが
こちらは安心して間違いないでしょう。
なぜなら、ミュゼは会員数が脱毛サロンで一番だからです。
多くの支持を受けているというのは安心です。

また、価格もかなり安くで施術を受けることが出来るので
親子で通われている方も少なくないようです。
銀座に限らずミュゼは全国にたくさんの店舗があるようなので
体験だけでも行ってみるのもいいかもしれません。

自然に恵まれている北海道は、とにかく食べ物が美味しいもの揃いです。
中でも北海道の広大な牧場でのびのび育った牛から絞り出す牛乳は、味も濃く大変美味しいです。
その牛乳から作られたデザートは豊富にあり、どれも美味しく常に大人気となっています。

a1370_000302.jpg

今回は選りすぐりのデザートをご紹介します。

・六花亭のマルセイバターサンド
北海道の有名デザートの定番です。
小麦粉で作られたビスケット生地と北海道産生乳100%のバター、
ホワイトチョコレートとレーズンをサンドしてあります。
口の中で、レーズンの酸味と溶けていくバタークリームとビスケットのサクサク感が相まって、
絶妙な美味しさのハーモニーを奏でます。

・ロイズのポテトチップチョコレート
最近流行りだしたものですが、すでにリピーターも多数の大人気有名デザートです。
厚手のポテトチップの片面にスウィートなカカオ香るチョコレートがコーティングされていてます。
ポテトチップの塩分とチョコレートの甘さとほろ苦さが
絶妙にマッチして、とっても美味しいのでオススメです。

・石屋製菓の白い恋人
こちらも北海道の有名デザートの老舗の定番です。
黄金色の焼き色が付いたラングドシャークッキーに包み込まれたホワイトチョコレートは、
専用にブレンドされ作られたオリジナルのものです。
甘さとなめらかさはサクサクとしたクッキーに良く合い、
30年以上も愛され続けている大人気有名デザートです。

これらのデザートは評判も良く、お土産としても喜ばれているので大変おすすめです。

九州北部で有名なデザートとしてあげられるのは
日本の三大銘菓に数えられている博多の伝統的なお菓子です。

それはポルトガル伝来のもので、おみやげにも喜ばれる一品です。
鶏卵の卵黄部分と氷砂糖を使ったデザートです。
見た目はまさに卵黄のそうめんといった感じです。

この有名デザートは氷砂糖を沸騰させた糖蜜の中に卵黄を糸のように細くして流し込み、
それをすぐに引き上げて余分な蜜が落ちた後で切りそろえたものです。
製造工程は簡単そうですが、
見た目の美しさと上品な甘さを持ったこのお菓子を作るのはとても難しいのです。

そして九州中部の有名デザートは大分県のお菓子があります。
小麦粉で作った手延べの麺をゆでてきな粉と砂糖をまぶして食べます。
おやつとしてよく食べられているものです。

九州南部での有名デザートは全国的にも今では知られている、
練乳をかけたかき氷にフルーツをトッピングしてあるおやつです。
鹿児島県発祥のものです。
名前は練乳の缶に貼られていたラベルの名前という説と、
上から見た時に顔に見えるところからとられたという説があります。
現在ではフルーツだけではなく、
三色寒天やサイコロの形に切った羊羹、豆類なども載せられるようになりました。

また同じ鹿児島では米粉とヤマイモに白砂糖を入れて練り、蒸し上げた鹿児島の名物もあります。
薩摩の藩主との関わりが深く、二十代当主の誕生日にお祝いとして出されたり、
二十八代当主が江戸から連れ帰った御用菓子職人が苦心の末に産み出した、
という話が伝えられています。

北陸の有名デザートといえば、福井の水ようかんは外せません。
夏のお菓子として有名な水ようかんですが、
福井では何と寒い冬にこたつの中に入って食べるものなのです。

一説では、昔京都に奉公に出ていた商人が、
正月の帰省の時にお土産として持って帰ったのが始まり、と言われています。
有名な「えがわの水羊かん」は、11月から3月までの期間限定商品で、
黒砂糖と小豆あん、寒天だけで作られたシンプルな一品です。
さっぱりとした口当たりで、いくらでも食べられます。

最近の北陸の有名デザートは、石川県出身のパティシェ辻口博啓氏が考案した「ユキズリ」です。
兼六園の雪吊りをイメージしてつくられた焼き菓子で、
石川産米粉を使用したパイ生地と、能登産の梅酒を使用した砂糖衣が特徴です。
北陸を代表する食材と、有名パティシェのコラボで生まれた人気商品です。

東北の有名デザートは、宮城県の「萩の月」と岩手県の「かもめの玉子」です。
どちらも東北を代表する銘菓で、東北旅行のお土産はこれ!というほどの人気菓子です。

「萩の月」はオリジナルのカスタードクリームをカステラ生地で包んだ一品で、
コクがあるのにしつこくない甘さのクリームと、ふわふわのカステラ生地が絶妙にマッチし、
いくらでも食べられる美味しさです。

「かもめの玉子」は白あんをカステラ生地で包み、
全体をホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子で、
白あんとチョコレートのバランスがやみつきになる美味しさを生み出しています。
コロンとした玉子型の形もとても愛らしいです。

みなさんは、中部で有名デザートが食べられることをご存知ですか。

一見、有名デザートとは縁がないと思われがちな中部ですが、
外国で経験を積んだパティシエがたくさんいるため、美味しいデザートを食べることができます。
最近流行の、パンケーキやマカロンなどはもちろん、ケーキやタルトなどたくさんのものがあります。
普通の喫茶店で食べるパンケーキとは一味違い、
厚みがありふわふわとした、女子を虜にするものです。

中部では、有名デザートに慣れ親しんでもらいたいという思いから、
たくさんのキャンペーンを開催しています。
そのキャンペーンの内容は、観光客が有名デザート店に足を運んでもらえるよう、
観光用のパンフレットに掲載したり、お手頃価格で楽しめるように工夫をしたりと様々なものがあります。

中でも、バイキング形式で、食べたいだけ食べられるというものが、人気を博しています。
なんと、100種類以上のデザート、軽食が決められた時間内なら食べ放題なのです。
内装も可愛らしく、学生に人気です。
女性だけではなく、男性が友達同士で来るケースも少なくありません。
男性客が入りやすいように、定期的に男子会などを開いています。
有名デザートは、敷居が高くなかなか食べられないと思っている人たちの概念を壊していきます。

そして、中部では美味しいくだものがたくさん採れる事で有名です。
そこへ自ら足を運ぶことで、新鮮なフルーツを使ったデザートが食べられます。

関東地方の有名デザートの特徴は、米や小麦粉を多用したものが多いことです。

a0960_004892.jpg

古くからの街道筋で誕生した和菓子の場合は、
旅人のエネルギー源となるビタミンB1や炭水化物が豊富な銘菓が親しまれてきました。
北関東では、群馬県の焼き饅頭が有名デザートとしておすすめできるものです。
焼き饅頭は、パンのようにふっくらとした生地の饅頭を
甘辛い味噌ダレをつけながら直火で焼いたものです。
風味が素晴らしい饅頭とコクのある味噌ダレの相性が素晴らしく、
子供からお年寄りまで幅広い世代の人が親しんでいます。

関東平野の中心部にある埼玉県熊谷市には、五家宝という有名デザートがあります。
蒸して乾燥させた餅米に水飴をからめて棒状として、黄な粉をたっぷりとまぶした和菓子です。
中山道熊谷宿の銘菓としても名高く、昔の旅人にとっては貴重な栄養源となる和菓子でもありました。

関東南部にある東京には、江戸時代からの伝統がある有名デザートが多数あります。
浅草では、芋羊羹や雷おこしが銘菓として有名です。
浅草は古くから浅草寺の門前町として栄え、関東でも有数の菓子文化が花開いた地でもあります。

江戸の伝統を受け継ぐお菓子を食べるためには、
城下町として名高い埼玉県川越市に行くのがおすすめです。
川越は、江戸時代からのサツマイモの一大産地ですが、
現在ではサツマイモを使った有名デザートの生産地としても有名です。
川越では、サツマイモのケーキや大福などの様々な種類の有名デザートを堪能できます。

四国、関西地方には、様々な有名デザートがあります。

四国の場合、代表的なのが、愛媛県のタルトでしょう。
タルトといえば、洋菓子をイメージする人は多いでしょう。
可愛いタルト型の上に、クリームやフルーツが乗った可愛い洋菓子が有名ですが、
愛媛県のタルトは、まるでロールケーキのような見た目を持つのが特徴です。
白くてふわふわしたスポンジで、あんこを巻いているのが特徴で、
食べるとほんのりゆず風味が口の中に広がります。
生菓子ですが、日持ちもするので、お土産としても高い人気を誇ります。

そんな四国と並び、有名なデザートが豊富にあるのが関西です。
関西の中でも兵庫県には、洋菓子の老舗と呼ばれるお店が多くあります。
ゴーフルや、バウムクーヘン、チョコレートなど、
知らない間に一度は口にしている有名デザートの中には神戸発祥の物が多く、
それらはお土産や贈答品として高い人気を誇ります。

更に、有名デザートが多いのが、京都です。
京都は、和菓子の老舗と呼ばれる店が多く、
桜餅やわらび餅、八ツ橋等、有名なお菓子の老舗が多くあります。
抹茶と一緒に楽しむ事ができるお菓子が豊富にあるのが京都の特徴です。

それに対して、新しいスイーツを生み出しているのが、大阪です。
全国的に人気のロールケーキやバウムクーヘンの中には、大阪発祥の物もあります。
関西地方は、兵庫や京都や大阪等、その地域により、
様々な有名デザートを楽しむ事ができるのが特徴となっています。